クイーンズタウン

一般情報

雄大なサザンアルプスの山々に囲まれ、「翡翠の湖」と言われるワカティプ湖畔に広がるニュージーランドを代表するリゾートタウン。その風光明媚な景色は、『女王が住むにふさわしい町』というのが街の名前の由来となるほどです。街の美しさもさることながら、アウトドアアクティビティのメッカとしても有名で、スキー・スノーボード、ラフティング、ジェットボート、ゴルフ、バンジ-ジャンプなどを楽しむ人々で、一年を通して活気に満ち溢れています。また、ここは世界遺産・ミルフォード・サウンド観光へのベースタウンでもあります。

気候・服装

クイーンズタウンは、北海道・稚内とほぼ同緯度にあり、雪は街中ではあまり降りませんが、冬には朝晩の気温が零下に落ち込んで厳しく冷え込みます。

夏は、半そでで十分な日も多いですが、朝晩は冷え込み、また、急に気温が落ち込むこともありますので、調整しやすいように薄手の上着を携帯することをおすすめします。春・秋は、日中は薄手のセーターと上着、夜間は、防寒になるしっかりしたジャケットが必要となります。冬は、寒さが厳しいので、日本でのしっかりした冬着と、厚手の肌着をご用意ください。また、年間を通して晴れ間が多く、空気が乾燥しているので、日焼け止め対策と、保湿・水分を多く取るように心がけましょう。ほとんどの場所では、カジュアルな格好で問題ありませんが、レストランなどへお出かけの際は、場所によっては、短パン、ビーチサンダルなどでのご利用を避けることをおすすめします。

市内の交通

市内バス コネクタバス/Connectabus

空港と市の中心部、クイーンズタウン周辺の宿泊施設を約20~30分おきに巡回するバス。街の中心部からサンシャイン・ベイへ向かうルート、クイーンズタウン空港を経由してリマーカブルズ・パークへ向かうルート、途中まで同経路でアロータウンまで行くルートの3種類のルートがあります。クイーンズタウンの街はコンパクトにまとまっているので徒歩で十分ですが、中心部から離れているホテルに宿泊している場合は、大きな荷物を持っていてもホテルの前で下車できるので、大変便利です。

路線、時刻・料金の確認をできるサイト(英語):www.connectabus.com

観光バス ダブルデッカーバス/Double decker bus

クイーンズタウンの郊外の主要な見所を回る2階建ての観光バス。1日2本、午前と午後に定期的に運行されており、所要時間は約3時間。カワラウバンジージャンプ・スポット、ギブストンバレー、アロータウンなど、徒歩では行くことのできない郊外の観光地をまとめて訪れることができます。また、イギリスから輸入された2階建てバスは、車窓からの見晴らしもよく、見た目もかわいくて乗っているだけで楽しい気持ちになれそうです。

路線、時刻・料金の確認をできるサイト(英語):doubledeckerbus.co.nz