ダウトフル・サウンド

フィヨルドランド国立公園にある14のフィヨルドの中で2番目に大きなフィヨルド。ミルフォード・サウンドの10倍以上の大きさで3倍もの長さがあります。
1770年にイギリス人探検家キャプテン・クックの船がダウトフル・サウンドの深い入江を見つけたが、狭く安全に航行できそうもなく、入り込んだら出てこられるか疑わしいと考えた為、船で進むのを止めたといわれています。深い静寂に包まれた入江は神秘的です。